【会社員・ヤミ金】ヤミ金の借金を弁護士の力でゼロにした事例

【依頼主】 30代 男性


【相談前】
相談者は家族の病気のため、治療費を工面するために簡単に借り入れることのできるヤミ金に借金をしてしまいました。ヤミ金は言葉巧みに相談者に対して借金の勧誘を行い、突然の家族の病気で余裕を失っていた相談者はヤミ金だと気付いていなかったのです。その後、複数のヤミ金に対して借金を重ね、当事務所に相談する時点で、5社のヤミ金業者から150万円の借金をしていたのです。相談者は毎日職場や携帯電話にくる脅迫じみた電話に耐えきれず、当事務所に相談に来たのです。


【相談後】
当事務所の弁護士が相談に乗った結果、ヤミ金であることから、返済も元金の返金すらも必要のない借金であると判断できました。しかし、相談者は借金問題を弁護士に依頼することをためらっていました。当事務所は、弁護士が債務整理を強引に受けることはありません。債務整理のメリット・デメリットを事前に説明した上で、依頼するかどうか考えていただきます。今回の相談者はは、ヤミ金から借金をしていましたが、ヤミ金は特殊な対応が必要です。結果的に、弁護士がヤミ金に対してどう弁護士が動くのか、弁護士に依頼するメリット・デメリットを詳しく説明したため、納得して当事務所に依頼をされました。当事務所の弁護士は、ヤミ金業者に対して強気の交渉を行い、借金の元金すらも返さない結果を得ることができました。相談者はヤミ金の脅迫的な督促に怯えなくて良い平穏な生活を取り戻すことができました。


【川崎 久美子弁護士からのコメント】
ヤミ金は弁護士が介入すれば解決する問題です。最高裁判所の判例によって、ヤミ金からの借金は元金すらも返さなくてよい実務運用が確立しています。しかし、ヤミ金は脅迫的な言動で債務者の心理的余裕を奪い、生活を脅かします。ヤミ金の問題は専門家でなければ解決することができません。私たちは、借金問題でお悩みの道民のみなさまのために力になりたいといつも願っており、これまでの経験からヤミ金対策の法律問題に精通しています。ヤミ金の法律問題をはじめとして、借金問題に関して、お困りのことがあればいつでも当事務所の無料法律相談をご利用ください。私たちは真摯に皆様の抱える借金問題に一緒に向き合いたいと考えています。