【パート主婦・過払い金】20年以上借りたり返したりを繰り返してきたクレサラ業者から240万円を取り戻した事例

【依頼主】50代 女性


【相談前】
相談者はパートをしながら主婦業を行っていましたが、子どもが小さかった頃に生活費に余裕がなくクレサラ業者から借入を行い、これまで3社のクレサラ業者から借りたり返したりを繰り返してきました。大手法律事務所のTVコマーシャルなどで過払い金のことは知っていましたが、なかなか弁護士に借金のことを相談できずにいました。


【相談後】
相談者は当事務所のホームページをご覧いただき、過払い金回収についての相談をしようと決心し、無料相談に来られました。当事務所の弁護士は、過去の取引状況に照らして過払い金が発生している可能性が極めて高く、その場合はブラックリストに載らないことを説明しました。相談者は当事務所に依頼することを決意し、当事務所は依頼を受けた当日にクレサラ業者に受任通知を送付しました。当事務所はスピーディな対応を常に心がけておりますので、原則として即日に受任通知を行う運用を行っています。債権者から取引履歴の開示を受け、法定金利に直して計算をし直した結果、3社に対して合計240万円の過払い金があることが判明しました。当事務所は速やかに過払い金の請求を行いました。裁判も視野に入れながらも強気の交渉を行った結果、裁判をせずに全社から満額の過払い金の回収を受けることができました。


【川崎 久美子弁護士からのコメント】
平成15年以前から借入をしている方は過払い金が発生している可能性が高くなります。当事務所はこれまで多くのクレサラ業者を相手に過払い金の回収業務を手がけてきた実績があり、それぞれの業者の対応を熟知しています。そして、依頼者のため最大限の利益を実現すべく、基本的に満額を回収するスタンスで過払い金業務に当たっております。必要な場合には民事裁判を提起しますし(依頼者の皆さんに裁判所に出廷いただく必要はありません。)、早期解決を希望されている案件では交渉による速やかな過払い金回収を行います。最後の返済日から10年が経過すれば原則として過払い金の返金はできなくなります。いま、過去に取引があってその後に完済した過払い金についてお悩みの方、今もある借金が平成15年以前から取引を開始したため過払い金の発生についてお悩みの方は当事務所の無料法律相談をご利用下さい。もちろん過払い金の発生可能性がなくとも、任意整理、個人再生、自己破産であなたの借金を解決することができます。過払い金だけでなく、当事務所は借金問題を解決するプロフェッショナルとして道民のみなさまの力になりたいと考えています。