【会社員・個人再生/専業主婦・任意整理】夫婦で抱えていた借金をそれぞれ異なる債務整理の方法で解決した事例

依頼主 50代


相談前
相談者は夫婦であり、子ども3人の大学へ進学するための教育費がかさんでしまい、会社員である夫は約700万円の、専業主婦であった妻は約150万円の借金がありました。このまま返していっても利息に充てられるばかりでいつになったら借金がなくなるのか目処が立たないため、当事務所にまずは相談に来られました。


相談後
当事務所はご夫婦の収入状況や借入先を丁寧に聴き取り、相談者のご希望を伺いました。相談者は無理のないよう返済していくことを希望しており、妻名義の自動車(ローン有り)を維持したいという意向でした。そこで、当事務所の弁護士は、夫については700万円と借金額が多いことから個人再生がベストであり、妻については借金額が多くないこと、任意整理だと自動車ローンを外して債務整理を行うことができることから、任意整理をお薦めしました。その上でそれぞれの手続のメリット・デメリットを丁寧に説明しました。相談者のご夫婦は当事務所の弁護士のアドバイスに納得いただき、ご主人は個人再生、奥様は任意整理を行うことになったのです。法律相談の時点で、将来の返済金額の見通しを詳細に説明し、毎月の返済に目処をつけた上でご依頼をいただくことになりました。任意整理は見通し通りの返済計画で解決することができ、個人再生もスムーズに手続が進むように当事務所がサポートを行い、裁判所の審査の結果、150万円まで借金が減額されることになったのです。その結果、当事務所の依頼前には毎月10万円以上を返済して、そのために借金を繰り返していた日々から、毎月の収入の範囲内で無理なく返済を続ける生活を取り戻すことができました。


川崎 久美子弁護士からのコメント
今回の相談者はご夫婦で法律相談に来られました。当事務所に相談に来られる方は、ご家族で相談にいらっしゃる方も多いので、配偶者や子どもを連れて行けるか不安な方でも心配はいりません。ただし、実際に依頼を受ける際にはご本人から直接法律相談を受ける必要がありますので、ご了承下さい。そして、今回のご夫婦のケースでは、初回の法律相談時点で、ご主人と奥様で別々の債務整理の方法により、支払金額を大幅に減額することを見通すことができました。当事務所は、これまで多くの債務整理事件を解決してきた経験と実績から、相談時にどのような方法がベストか、依頼した結果の毎月の返済金額まで詳細に見通した上で相談者にアドバイスを行っています。今回のご依頼も、ほぼ当初の見通し通りに解決まで導くことができ、相談者は借金をする以前の平穏な日常に戻ることができました。債務整理を行う場合、債務整理分野における弁護士の力量によって解決方法や解決までのスピードが異なります。当事務所では、借金問題でお困りの道民の皆さまのお力になるべく日々弁護士業務に取り組んでいます。借金問題でお悩みの方は、当事務所の無料法律相談をご利用下さい。