【自衛隊・任意整理】住宅と車を維持しながら無理のない返済計画で任意整理を成功させた事例

【依頼主】 30代 男性


【相談前】
相談時点で、相談者は車のローン(60万円)と住宅ローン(1800万円)に加え、債権者5社から300万円の借金をしている状況でした。債権者も多く、毎月の支払に追われていました。ついに滞納がはじまり、債権者からの督促の電話や手紙で精神的に疲弊した状況に陥っていました。相談者は借金を返す意思はありましたが、このままでは自分では解決する目処は立てられないと判断し、道民総合法律事務所の無料法律相談を利用されたのです。


【相談後】
弁護士は相談者の状況を詳細に聴き取り、車や家を残したいという依頼者の強い意向を尊重しなければならないと考えました。幸い、奥さんも仕事をしており、安定した収入が見込めたことから、任意整理の方法で長期分割払い(5年間)にて解決できれば、個人再生や自己破産をしなくて済む見通しをたてました。これまでの当事務所の任意整理の実績に照らしたところ、今回の債権者(クレサラ業者)は長期分割払いの任意整理に応じてくれることが予測されました。これらのことを丁寧に相談者に説明し、任意整理を受任することになりました。当事務所はすぐに受任通知書を債権者に送付して、直ちに督促を止めました。これによって依頼者は生活の平穏を取り戻すことができたのです。さらに、その後も任意整理の交渉によって5年間の長期分割払いの交渉を実現し、無理のない範囲で借金を返す目処がついたのです。


【川崎 久美子弁護士からのコメント】
任意整理は裁判所の手続ではなく、あくまで法律事務所が債権者と直接交渉を行って返済計画を立て直す債務整理の解決方法です。そのため、それぞれの債権者によって対応や分割払いの方針が異なり、任意整理では特に法律事務所の経験と交渉力が重要となります。当事務所の弁護士は、債務整理に特化して弁護士業務を行ってきた10年以上の実績に基づき、1000件以上の任意整理事件を解決してきました。そのため、個別のクレサラ業者の対応を熟知しており、依頼者と債権者の具体的な事情に応じて最適な任意整理の解決策を提案することが可能です。任意整理をはじめとする債務整理は依頼者の皆さまにとっては人生を左右する一大事です。そのため、任意整理を依頼する場合、債務整理に精通した弁護士を選ぶことが解決への第一歩です。当事務所は、債務整理に特化した法律事務所として、道民の皆さまの借金問題を親身になって解決に導くことを目標に、弁護士業務に取り組んでいます。