【会社員・個人再生】借金で家計管理ができなかった状況から個人再生により借金解決の目処がついた事例

【依頼主】 女性


【相談前】
依頼者は、5年前から車のローンを組んだことをきっかけに借金をはじめ、ショッピングやキャッシングで複数のクレサラ業者から借金をするようになりました。当事務所の初回無料法律相談をご利用頂いた時点で、700万円の借金があり、滞納のために毎日クレサラ業者から督促の電話がかかってきており、生活に支障が生じている状況でした。


【相談後】
当事務所は相談内容や収入状況、借金の原因を詳しく聞き取りました。その上で、今困っていることや将来心配なことについて法律相談を行い、債務整理をすることは人生の失敗ではなく、人生の再スタートであることを丁寧に説明しました。幸い、依頼者は会社員で安定した収入があったため、自己破産を回避するための方策を考えることになりました。しかし、700万円という債務額は任意整理には厳しかったため(任意整理では払い過ぎの利息がない限り借金は減額されません)、個人再生が最適であると判断されました。依頼者は当事務所の方針に納得いただき、個人再生手続によって、700万円の借金を160万円まで減額して将来の3年間の分割払いで返済していくことになりました。この場合、毎月の返済額は4万5千円程度であり、依頼者の収入からすれば何とか払っていける金額で、借金問題を解決する目処をつけることができました。


【川崎 久美子弁護士からのコメント】
当事務所では、なるべく自己破産は回避する方針で債務整理の法律相談にあたっています。借金問題を抱えている方でも、自己破産はしたくない、少しでも借金を返したいという誠実な方が大半です。当事務所の弁護士は、そのような誠実な皆さまのご意向を尊重しながら、一方で借金問題をスムーズに解決するため、10年以上にわたって債務整理事件に取り組んできた経験と実績に基づき、最適な解決策を提案しています。借金問題でお困りの方は、わからないことや不安なことが多いと思います。当事務所は、依頼者の皆さまのプライバシーや守秘義務を最大限に尊重した上で、最高の法律サービスを提供すべく日々、弁護士業務に取り組んでいます。債務整理の法律相談をするかどうか躊躇している方でも、無料法律相談で皆さまのお悩みをご相談いただければ、今後の解決策を必ず提案致します。借金問題は債務整理に詳しい専門家に相談することで適切に解決することが可能です。もし借金問題でお悩みの方は、我々を信頼してまずは無料法律相談をご利用いただければ幸いです。当事務所は、道民の皆さまの借金問題解決のために力になりたいと願っています。