【専業主婦・任意整理】夫に内緒の借金を任意整理によって解決に導いた事例

【依頼主】 50代 女性


【相談前】
依頼者は専業主婦でご自身の収入がありませんでした。一方で、夫が会社員でしたが、転職によって収入が途絶えた時期があり、その時に借金をしてしまったのです。その後、借金は4社にまで増え、総額は200万円近くになっていました。依頼者は、家族に借金問題を打ち明けることができず、当事務所に相談に来たのです。


【相談後】
借金の原因は様々であり、家族にすら言えないデリケートな問題です。当事務所は、夫には借金問題を知られたくないという依頼者の意向を最大限に配慮する方針のもと、任意整理による解決を検討しました。そこで、弁護士が任意整理を前提に月々の返済計画を予め試算したところ、家計の余剰から支払うことができることが予測できました。そして、依頼者は夫にだけは借金問題を打ち明けることができない深刻な理由があったことから、任意整理による解決がベストだったのです。幸い、長期分割の返済交渉に成功することができました。当事務所は、これまでの長年の実績から、債権者の対応・長期分割に応じる可能性を熟知しています。今回の依頼者は、高い可能性で任意整理を解決出来る見通しがありました。そして、当初の見込み通り、依頼者は家計の範囲内で任意整理によって、夫に知られることなく借金問題を解決することができました。


【川崎 久美子弁護士からのコメント】
当事務所では、家族や勤務先に知られたくないという依頼者のご意向に最大限配慮した対応を行っています(例えば、郵便物を郵便局留めにしたり、事務所に取りに来てもらうなどの御要望を承ります)。法律相談は完全個室で最大限のプライバシーの配慮のもとで実施します。家族に言えない借金問題の悩みも、当事務所が解決するために最大限協力致します。借金問題でお悩みの方は、当事務所の無料法律相談をご利用下さい。