借金返済方法について


 ここでは、弁護士に依頼する債務整理等の法的方法以前に借金を返済する方法について解説します。

 

1 家族の援助を受ける方法による借金の返済

 
 意外と多いのが家族の援助を受けることによる借金の返済です。「そんなの当たり前だよ」
と思われる方もいるかもしれませんが、借金の問題は家族であったとしても相談しにくいものです。しかし、家族に内緒のまま借金を返済しようとすることは実際にはとても難しいことです。借金の返済に困った場合には、家族の援助が受けられないか、家族に相談できないかどうかをまずは検討してみる方法がよいでしょう。
 ただし、借金の返済資金を家族に依頼した場合、一度は家族は了承するかもしれませんが、何度も同じようなお願いはできないと思われますのでご注意下さい。

 

2 借金の一本化

 借金を一口にまとめて借金の返済をする方法もあります。実際。銀行などでもこのような借金を一本化するローンを取り扱っている銀行もあります。一本化して借金を返済していけば、借金を返済(完済)することも可能です。ただし、注意点もあります。

(1)一本化したとしても借金がなくなるわけではないこと

 借金を一本化したとしても、借金自体の返済が終了したわけではありません。そのため、再度他の業者からの借入をしてしまった場合、結局借金の返済が終わらないという可能性があります。

(2)悪質な業者に注意すること

 借金を一本化しますという広告をだしている業者には、悪質な業者がいることも事実です。中には、振り込め詐欺を行っているのではないかと思われるような業者もあります。悪質な業者には注意しましょう。

3 不動産を担保にすることに注意しましょう。

 借金を一本化する場合、不動産を担保にすることを要求されることがあります。(不動産担保ローン)これらのローンの場合、借金が返済できれば何ら問題がありませんが、後々借金の返済がなされなかった場合には不動産を取られてしまいます。借金の返済の方法として不動産担保ローンを行う場合には、本当に返済が可能なのか、返済できなかった場合はどのようになってしまうのかを慎重に検討する必要があります。

 

4 早めの債務整理のご相談が大切です。

 ご相談にこられた方のお話をお伺いしていると、「もっと早くご相談にいらしていれば、色々借金の返済について解決する方法もあるのに」と感じることがよくあります。借金の返済の問題解決、債務整理の問題解決には法律的な知識が必要です。借金の返済に困った場合には、早めに弁護士等の法律の専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 

ここでは、債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)以外の方法による借金返済方法について解説しました。