任意整理で裁判所を通さずに誰も知られずに借金を整理しましょう

egaoniga0001k.png

任意整理は、裁判所を利用しないため、誰にも知られず借金を整理することができます。
弁護士が代理人となって、借金の元本を減らし、無利息で確実に返済することできます。


なぜ誰にも知られずにできるのか?といいますと、任意整理は裁判所を利用しない手続きのため、国の記録に残ることはございません。
当事務所の弁護士は守秘義務を厳格に守ります
ので、誰かに話が漏れるということは絶対にありません。ですから、弁護士に借金整理を依頼していることは、弁護士と債権者以外には一切漏れないのです(ただし、金融機関の情報システムであるブラックリストには載ります)。


また、弁護士が代理人として法律に基づく借金の正確な元本をきちんと計算した上で、無利息で元本だけを返済する交渉を行う方法ですので、手間もそれ程かかりません。

誰も知られずに、整理したい借金だけを整理したいという方には最適な方法です。
 

任意整理の流れ

1.債権者に受任通知書を発送
⇒通知が届けば、請求が止まります。受任通知書とは、依頼者様の借金問題の解決をすべて弁護士が行っていくことを債権者に通知するための文書です。

        図2.png
2.債権の調査
⇒弁護士がこれまでの取引経過を取寄せます。

        図2.png

3.債務の確定
⇒多くの消費者金融は、これまで利息制限法という法律違反の利息をとっておりました。そこで、法律に基づき、正しい借金の額を計算し直します。(引直し計算)

        図2.png

4.弁済案の作成:現在の収入状況に応じて、返済計画を立てます。
⇒当事務所と依頼者様の間で打ち合わせを行い、債権者との交渉がまとまりやすいよう、事前に方針を決めておきます。

        図2.png

5.債権者との交渉
弁護士が交渉に入ります。

        図2.png

6.返済開始
⇒交渉がまとまれば、和解書を作成した上で、弁済がスタートします。

 

任意整理のメリット

○裁判所の手続きを通さないため、公的な記録に残ることなく借金が減額できる。
○払い過ぎていたお金を取り戻せる場合がある。(これを過払い金と言います)
○弁護士に依頼した後は、各債権者からの取立てが止まる。
○業者との話し合いで手続が進むため、自己破産や個人再生のように 官報に載ることがない。
○自己破産のように各種の 資格制限がない。
○裁判所を使わないので、呼び出しなどの 時間的な拘束は少ない。
○利息や遅延損害金が一切つかなくなるため、借金がこれ以上増える心配がない。 
 

任意整理のデメリット

×ブラッリストに載ってしまうため、数年間は新たな借金やクレジットカードを作ることができない。
※実際には3ヶ月以上返済が滞っている場合は、既にブラックリストに登録されている可能性があります。根本的な解決をするには、債務整理が有効です。

×収入状況に照らして借金の元本の返済すらも不可能な場合は、任意整理の方法をとることはできない。
※任意整理は、借金が残った場合、その借金をきちんと返す方法だからです。

 

※道民総合法律事務所では、債務整理の無料相談を実施しています!
相談予約.jpg
事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■弁護士費用

 

saimu0001.png