債務整理を行うタイミング 2017年6月23日

 今でも、北海道において借金問題を弁護士に相談しようかどうか迷っている方は多いです。

 ですが、なかなか弁護士に相談するまで踏み切ることは、心理的にハードルが高いと思います。

 では、いつ債務整理の相談を行うのがよいのか、今回は債務整理を行うタイミングについて書きたいと思います。 

 一般論としては、はじめて借金をしてから数年が経過しており、このまま返済を続けても借金が増えるだけの場合には、弁護士に早めに相談した方がよいでしょう。

 借金が増えれば増えるほど、弁護士として債務整理を行う手段(自己破産か、個人再生か任意整理か)が限られてきます。自己破産を避けたい、と思っていても、自己破産しか手段がない場合もあるのです。

 そのため、借金問題で悩んでいる方は、このまま借金を返済し、完済が見通せるかどうかが弁護士に相談するひとつの目安になると思います。

 借金が増えるしかないだけの状況では、なるべく早く弁護士に相談することをお薦めします。

一方で、借入期間が短い場合には、すぐに債務整理を相談することは控えた方がよいでしょう。たとえば、借金をはじめて1ヶ月で弁護士に相談するのは、あまりお薦めできません。あまりに取引期間が短いと、債権者や裁判所にとって良い印象ではなく、解決まで困難となる場合もあるからです。

当事務所では、債務整理の初回無料相談を実施しています。初回無料相談は弁護士の面談制ですので、事前のご予約が必要となります。

無料ですので、タイミングを気にせずご相談されてかまいません。

相談予約は、電話(0112814511)、メール(info@doumin-law.com)までよろしくお願いします。

電話だけでの相談は実施していませんので、ご了承下さい。